トラック運送業の管理者のためになり、必要な知識(第1回)

トラック運送業の管理者の底上げが会社にとって大事なことですが,管理者へのステップアップの為に、教育・研修を段階を踏んで実施することが大事です。

多くのトラック運送会社で、教育、研修をしましたが、管理者に必要な知識が不足している感じています、やはり教育、研修は繰り返すことが大事です。

その為に必要な言葉やその説明根拠を列記しますので、参考にしてください。

効率とは

効率とは
1.「効率」は労力と成果の相対的な比較。
2.「能率」は一定期間でこなせる仕事の絶対量。
3.この効果の先に、どんな効果があるのか検証が必要。

目の3種類

目の3種類
1.虫の目=近視眼的な従業員の目。
2.鳥の目=高みから俯瞰する管理職の目。
3.魚の目=潮流の変化を俊敏に感じ取る経営者の目。

経営理念

経営理念とは

1.経営者の経営哲学や信念、行動指針や目的などを明文化し、その企業が果たすべき使命や、基本姿勢などを社内外に向けて表明すること。

2.成長性を示していること。

3.理念から戦略と戦術などヒントがあること。

4.社会に貢献するものであること。

5.経営理念=企業の存在理由や価値観を明確にする。

6.経営ビジョン=企業の到達したい将来像を示す。

7.経営戦略=企業目的を実現するためのシナリオを明確にする。

8.経営計画=企業の経営戦略を実現するための行動計画を具体的に示す。

困った上司

困った上司とは
1.先を読まない。
2.主体性がない、受け身である。
3.うっかりが多い、思慮が浅い。
4.無責任、逃げ腰体制質。
5.本質が語れない、理解が浅い。
6.抽象的、具体性がない、表面的。
7.言いたいことが不明、論点が絞れない。
8.説得力がない、納得感が得られない。

見えていると勘違いしている共通点

見えていると勘違いしている共通点
1.「悪い情報」が見えていない、本来「見せたく情報」も含む。
2.「組織」として見えていない、「属人的」には見えているのではなく、「組織」として見えていない。
3.タイムリーに見えていない、即効性、タイムリー性が重要。
4.伝聞情報しか見えていない、こんなことがあったらしい(二次情報)

4つのみえる化

4つのみえる化
1.見える化=企業活動に必要な情報や数値を「見える化」とは、見る側の意向にかかわらず「目」に飛び込んでくる状態を作るのが基本。
2.視える化=たんに事実や数値を把握するだけでなく、さらに「掘り下げてよりよく深く見よう」とすること。
3.診える化=具体的な問題を特定するために、さらに「細部を見ようとする」、腹部の超音波を用いてモニターを見ながら診断することと類似している。
4.観える化=細部を見るとは逆に「全体を見よう」全体を俯瞰して把握すること。

会社の発展を妨げているのは

会社の発展を
1.組織が不適切=担当部門の責任者に正しい情報が流れていなかったりすること。
2.教育が有効に行われていない=実際に、仕事の改善に役立つような教育が行われていない。
3.意欲が低い=社員は会社のことに関心を持っていないし、共通の目標を追求しょうとしていない。
4.チームワークが悪い=社員がチームワークを発揮して動けない。

などが会社の発展を妨げています。

まとめ

1.管理者に必要な言葉や考え方に参考になることを列記しました。

2.管理者の教育や研修に使っていただけると幸いです

3.次回以降も、管理者に必要なことを投稿しますので参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

takumi-keieiのアバター takumi-keiei 物流コンサル

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次